軽度障害児向け運動教室

軽度知的障害者向け運動教室

先日の茶話会でも話題になった
グレーゾーンの子の習い事ですが、

詳しくは↓

習い事

支援級の子、習い事はどうしてる?

2019/07/16

うちの子は、区が主催する、
軽度障害児向けの運動教室に
隔週で通っています。
学校からもらったチラシで知りました。
運動教室

通うには書類提出と面接がありますが、
うちの子のように障害者手帳が無くても
簡単な条件を満たしていれば
大丈夫のようでした。

普通級に在籍している子でも
通ってきています。

詳しい審査基準はわかりません。

ボールやなわとび、跳び箱、
フラフープやトランポリンなど、
毎回色々な運動をします。

シルバー人材の方々と思しき
お爺ちゃんお婆ちゃんがマンツーマンで、
時には一人の子につき2〜3人が
ついてくださいます。
シルバー人材

その日ごとに何をするか
あらかじめ決まっていますが、
「ちょっと運動する気分じゃない」とか、
「ボールよりフラフープやりたい」とか、
「みんなと一緒はイヤ」とか、
色んな子がいて、
それでも本人の意思を尊重し、
叱ったり無理に参加させたりせずに
個別に付いてくれて、
うちは親子共々気に入っています。

保護者は体育館の片隅でずっと
見守りをするのが決まりです。
(働く保護者にとってはここがネックですね)

そこで一緒になる保護者の方は、
違う小学校の方もいらっしゃるので、
「うちの支援級はこう」
「支援学校は?」
「普通級では?」
「えー、全然違う」
「病院は?」
などと情報交換したりするのも
また有意義です。

年会費はなんと4千円!
行かなきゃソンソン!

・・・まあそれはいいとして。

交通の便、曜日、時間帯、料金など
数々の条件が合って、しかも
子供自身が気に入る習い事は
なかなか見つからないものですが、
数打ちゃ当たる方式で、まだまだ
探していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です