反抗期、誰も悪くないヨ

反抗期

テレビで見たのですが、
アグネス・チャンの3人の息子は
反抗期がほぼ無かったとの事。

その秘訣は、早くからある事を
本人たちに言い聞かせた事だとか。

ある事とは
「思春期に反抗的になるのは
ホルモンのせいだから仕方がない。
あなたのせいじゃない。」
という、極めてシンプルな説明。

アグネス、ホルモン

そうか、私も早めに息子たちに
言い聞かせておこう
と思いました。

ある日、
うちの子に「歯を磨いて」と言った時、
無反応だったので繰り返し言うと
いかにも不機嫌そうに
「はい はい」
と返事をしてきました。
今までずっと、言われた事は素直に
きいてくれていたうちの子が。

はいはい

こっちは反射的にムカッとして
「なにその態度!」
と言いそうになったのですが、
ハッとアグネスの顔が浮かんできました。

アグネス

そしてそのアグネスは言いました。
「ホルモンのせいだから、
本人わざとやってるんじゃない。
ホルモンのせいだから、仕方ない。」

アグネス、ホルモン

あー、、、なるほどね。

一気に怒りがおさまりました。

うちの子はまだ9歳ですが、
思春期の入り口辺りなのでしょう。
ホルモンバランスも崩れかけです。
何か新しいホルモンが出かかっているのかもしれません。

私の場合、アグネスの言葉は
本人たちに言い聞かせるよりもまず
「自分に向かって」言い聞かせた方がいいかも?と思いました。

かわいいうちの子に
反抗的な態度や乱暴な言動をされると、
やっぱり傷つくし悲しいです。
それが怒りになってしまって
親子関係が険悪にならないように
「ホルモンのせい、私悪くない」
と言い聞かせていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です