インクルーシブ公園に行ってみた!

インクルーシブ 公園

インクルーシブ公園?何それ?
ですよね。

「インクルーシブ」とは、
障害がある人もない人も
共生していこうという取り組みです。

つまりインクルーシブ公園とは
障害のある子もない子も大人も
いろんな人がみんな楽しめる
バリアフリーでユニバーサルな
公園の事です。

以前に「ユニバーサルデザイン公園」
として記事にした事があります↓

ユニバーサルデザイン公園

ユニバーサルデザイン公園

2018/09/13

なんと、うちの近くに出来たんです!

名称は「みんなのひろば」

出来たのは3月なのですが、
コロナとか酷暑の関係で(言い訳)
今ごろ行ってみました!

うちの子は公園に行きたがる事も
あまりない生粋のインドア派ですが、
今回は同じクラスの女の子に誘われ、
目を輝かせて遊びに行きました。
(生粋のインドア派とは)

行く!

それは元ゴルフ場だったという
広ーい公園の一角にありました。
公園の中の公園。

柵で囲ってありますが、
中はよく見えるし、出入りは
ドアを開けるだけなので
閉鎖感や隔離感はありません。

私たちが行った日は、秋晴れの
気持ちいい日曜日。
それはそれは混み合っていました。

珍しいブランコには長蛇の列。
(屋外だから密じゃないかな?)

しかし、ベンチはたくさんあって
荷物を置いたり座ったりは余裕です。
ベンチの形態も色々あります。

珍しいブランコや、色々なベンチは
下記サイトの写真を見てみてください。

東京世田谷に新しくできた未来の公園『みんなのひろば』全貌公開!【後編】

私はこの公園が普通に混んでる事に
安心しました。

もしかしたら
「ここは障害者用だから」と
みんなが遠慮してたらイヤだな〜と
思っていたからです。

あっちで遊びましょ

あるいは、普通に遊んでる子の保護者が
障害のある子に気付いて
「代わってあげなさい」って言うとか。

代わって

そんな事が無いのは、この公園の
入り口に書いてある注意書きが
とても良いからだと思います。

みんなのひろば 看板
ここはだれでも遊べる
「みんなのひろば」です!

この広場が目指すのは、障がいのある子もない子も
みんながたのしく遊べること。
そしてこの場所が、子ども同士はもちろん、
大人のみなさんにとっても、多様性を身近に感じる、
新しい出会いの場になることです。

だれもがお互いに尊重し合い、いきいきと暮らす社会へ、
みんなで歩いていきましょう

先日この公園を作った方々のお話を
聞く機会がありました。

この公園は完成形ではなく、
皆さんの意見を聞いてまだまだ
改善して行きたいとの事。

全国各地に当たり前のように
インクルーシブ公園ができるように
HPから応援したいと思います。

きぬた公園が「だれもが居心地のいい環境」になるために、みんなで考えてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です