幼稚園の申し送り

幼稚園の申し送り

最初にうちの子に「アレ?」と思ったのは、
幼稚園の年中になった時でした。

幼稚園の先生がお名前をきいたら、
「わかんない」と言ったそうです。

それだけなら、「あーあ」って感じなのですが、
先生は割と真面目な様子で
「何十年も教員をやっていて初めてです」
と言うので、少し「アレ?」と思いました。

その後も
「アスレチックに行きましたが、
みんなが出来るジャンプや木登りが出来ず
泣いていました」
「工作が途中でわからなくなりました」
「移動教室で迷子になりました」
などなど、困った申し送りが増えていきました。
その都度申し訳ない気持ちで
「すみませんでした」と言いつつ、
内心「どうしろと?」と思っていました。

年少の時は全く問題ないと言われていたのに、
一年上がって急にたくさん文句を言われ、
「アレ?」と思いつつも、ちょっと
腹が立っていました。

先生に
「一度保育中のようすを見に来てください」
と言われた時は
「見てどうするんですか?落ち込めって事ですか?」
と聞いたほど。

今思えば、先生も心配で一生懸命だったんです。
そのおかげで私も「アレ?」と思う
キッカケができたし。
今では感謝しています。

ただ、プロとしてひとこと
「発達を診てもらってはいかがですか?」
と言ってくれたら良かったのに、とは
今でも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です