発達障害の就学相談2回目

発達障害の就学相談2回目

就学相談2回目は、子供だけで
教育委員会、教員、特別支援級教員の
数名との面接がありました。

内容は別室にいたのでよくわかりませんが、
ボールを使って遊んだりしながら
行動を観察したようです。

保護者は別室で、教育委員会の方と面接。
今後のスケジュールを伝えられ、
親としての進路の希望を聞かれました。

教育委員会が「支援級に」と言っても、
親が「絶対に普通級で」と言えば
普通級になります。

本人のためにはどちらがいいのでしょう。

それは親が決めるのです。
責任重大です。

発達障害の就学相談1回目

発達障害の就学相談1回目

2017/10/16
発達障害なら早めに就学相談に行こう!

発達障害の就学相談は、1年前から始めよう!

2017/10/16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です