発達障害の就学相談1回目

発達障害の就学相談1回目

就学相談、最初の1回目は、
親子分離の面接でした。

親の方は年配の女性、子の方は若い女性が
面接官でした。

親が聞かれるのは、だいたい
発達相談の時と同じような事です。

「生まれた時、異常があったか?」
「いつごろ首が座ったか?」
「いつごろ話し始めたか?」
などなど。

うちの子は二人目の子なので、
正直いつどんな事をしたか、
逐一覚えていません(^^;)

母子手帳は限りなく白紙に近く、
「いつ?」と聞かれると、汗が出ます(^^;)

その頃子供は、遊びながらお話したり、
手先の感じを観察されていたようでした。

たぶん親の私も観察されていたのでしょう。

こちらも就学への不安や疑問など、
たくさんゆっくり聞く事ができました。

小学校に就学するにあたっての不安、
それは次回。

 

発達障害の就学相談2回目

発達障害の就学相談2回目

2017/10/16
発達障害なら早めに就学相談に行こう!

発達障害の就学相談は、1年前から始めよう!

2017/10/16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です