障害者手帳、非認定

非認定

手帳申請の話、どうなったの?

と、前回の続きを待っている
5万人のフォロワーさん、
お待たせしました。
(ツッコミ待ち)

さて、障害者手帳を取ろうと
思い立って、申し込みをした私。
詳しくはこちら↓

障害者手帳

障害者手帳、もらう?

2021/01/29

いよいよその日、
うちの子を連れて児童相談所に行きました。
持ち物は、指定のサイズの顔写真と印鑑。
顔写真はそのまま手帳に使われるようで、
もう発行の準備は万全のようでした。

(手帳の形態が従来の紙の物か
プラスチックのカードから選べるとの事で、
私はプラスチックのカードを希望しました。)

その他、過去のウィスク検査結果や
学習障害の診断書などを
自主的に持って行きました。

受付で問診票のような書類に
名前や申請手帳の種類などを記入。

なんとか福祉士の(忘れた)
優しそうな若いお姉さんが
うちの子を個室へ連れていきました。
田中ビネー式の検査をするようでした。

手帳申請1

1時間ほど、私はひたすら待ち時間。

検査が終わると個室に呼ばれて
うちの子と2人で待ち時間です。

うちの子はごきげんで、
「いやー、タブレットとか見てるから
結構できたよー」と
嬉しそうにしていました。

タブレットでアニメを見ているから
「こんな時どうする?」とか
「これは何をするもの?」という
質問に答えられたようです。

私は少し不安になりました。
「出来た」
という事はIQが高く出るという事で、
IQが高いと手帳は貰えないのです。

手帳申請2

先程のお姉さんがもう1人お姉さんを
連れてきて、お姉さんが2人になり
電話で聞かれたような質問をされました。

トイレは一人でできるか?
着替えは?歯磨きは?お風呂は?
刃物を危険な物と認識しているか?
登下校はどうしているか?
などなど。

今振り返れば、
私はここで失敗しました。

「割と出来たな〜」とごきげんで
座っているうちの子の隣で
「出来ません」「わかっていません」
などの否定的な言葉を連発できず、
割と前向きな返事をしてしまったのです。

できますか?と言われて
つい「いま頑張って練習中です」
「できると言えばできますが」などと
期待を込めた返事をしてしまいました。

お姉さん2人は退室。
入れ替わりに若い女性ドクターがやってきました。

「すごく良く出来ましたね!
がんばりました!」
「チックで困ってると伺いましたが
お薬もあるので大丈夫です」
などと言い明るく退室。

そしてしばらくして先のお姉さん2人が
戻ってきて言いました。

「今回はIQ76で非認定となりました。
お母様もお子様も、毎日とても
頑張っていらっしゃる結果だと思います。
良かったですね」

お姉さん2人はとてもニコやかでした。

うちの子もなんだか褒められて嬉しそう。

私だけが固まっていました。

手帳申請3

「え?非認定?
手帳、もらえないんですか?
75なら貰えたんですよね?
76って、良かったって、
良かったんですか? 何が?」

疑問をぶつけまくりましたが、
にこやかに
「総合的な判断です。」
「不服申し立てもできます」
と言われるのみ。

ちなみに不服申し立をしても
後日もう一度検査をするだけのようです。
そんな事したらまたIQ上がっちゃう〜!

「うちの子、IQが高くて
障害者手帳もらえないんですよ〜」

って、IQ85くらいの子なら言えるけど、
別にIQが高い訳でもない!
76だ!
ウィスクなら65だ!

あんなに色々考えて決意して準備して
いよいよ手帳を貰って帰る予定だったのに、
なんだかすごい徒労感。

うちの子にピッタリと思っていた高校は
手帳があった方がいいというのに。

高校

高校を視野に入れた

2021/01/23

一気に将来が不安になりました。
このままこの子は
障害者とも健常者とも認定されずに
生きていくのか・・・

不便だろうな〜。

「再び申請するには一年空けて」
と言われました。

次はもう中学の修学相談の時かな。

提出した写真は返してくれないし。

何となくウキウキしているうちの子
とは対照的に、私は足取り重く
帰路についたのでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です