ゲームと療育

ゲームと療育

先日、ボードゲーム専門店に行きました。
海外の珍しい物も沢山あって、
どれもやってみたくなりました。

うちの子と盛り上がったのは
「ナンジャモンジャ」という
カードゲームです。

めくったカードに描いてある
独特なキャラクターに名前をつけて、
もう一度そのキャラクターが出た時
いち早く名前を思い出して言った人が
カードをもらえるというものです。

このゲームのいいところは、
ルールがまずわかりやすい事。

人の名付けセンスが意外に
面白いというのも発見です。

うちの子は
ミカンみたいだから「ミカン」とか
そんな十人並みのセンスではありません。
「吠えまくり」
「マジレンジャー」など
独特な名付けセンスを見せてくれます。

そのボードゲーム屋さんにあったチラシに
「アナログゲーム療育講座」
というものがありました。

家庭でできるDVDも出ているようです。
ちょっとどんな感じか見てみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です