WISK IVの結果 うちの子の最新IQ

IQの結果

前回は、WISK IVの話でした。

WISK IV

WISK IVって何ですか?という方は
こちら↓

WISK IV

ウィスクフォーって何ですか?

2019/10/16

今回はその結果の話です。

うちの子が最初に
知能検査をしたのは、
幼稚園の年中の時でした。

発達障害の検査「IQテスト」

発達障害の検査「IQテスト」

2017/09/25

その時、相談所の方に
「IQの数値を幼稚園の先生に
言うのはやめた方がいい」
と言われました。

幼稚園に提出する用に、
数値をあえて書かない言い回しの
報告書も作成していただきました。

やはり数値で見せられると
偏見が強まるのかな?と思います。

しかし、今考えると、
ズバリ数値を伝えてもよかった
ような気がします。

ここをボカすと結局、
話の内容も、支援も配慮も
全部ボケる気がします。

うちの子が通っていた幼稚園は
「障害者は入園拒否」でしたので
クビになる可能性もあり、
世間体を気にしていた当時の私に
そんな勇気はなかったんですが、
今ならうちの子ファーストで、
相応しい支援がされないなら
「クビ上等」と思えます。
クビ上等

さて、今回の知能検査結果を
ズバリ数値で発表します。

IQは67(誤差を考慮すると63-74)
同年齢平均より「非常に低い〜低い」
の水準に位置

だそうです。

3年前の就学相談の時に受けた
「田中ビネー式」の検査の結果は
IQ75でした。

だいぶ下がりましたね(汗)

これは私の推理ですが、
3年前の検査には無かった
「読字」が絡む課題が
困難だったのではないかな?
と思います。

最近やっと平仮名を読む気に
なったばかりですので、
バラバラになっている平仮名を
五十音順にならべるなどの課題は
ハードだったのではないでしょうか。

ひらがな成長期

ひらがな成長期

2019/06/24

それだけが原因ではないとは
思いますが、同年代の平均には
これからもどんどん引き離されて
行くのでしょう。

だって同年代の普通級の子は
日々新しい漢字を覚え、新しい
計算方法を習得しているのですから。

しかし、今の私はもう
IQの検査結果で一喜一憂するような
段階ではありません。

検査の目的は
うちの子が平均よりどれくらい
離れているかを確認して落ち込む
というものではありません。

何が得意で、何が苦手かを知り
得意を伸ばす事で苦手を持ち上げる
ためのものなのです!

という訳で、うちの子の
得意な事を見てみましょう。

「語音整列は理解困難」
「聞いた事をそのまま記憶する事は
苦手」
「聞いた事を覚えたまま他の作業をする事も苦手」
「言葉を扱う力低め」
「目で見て理解する力低め」
「位置や形を把握するのが苦手」

・・・
あの、ちょっと待って、
うちの子、
得意な事ってあるんですか?

「見本があり明確でシンプルな
指示は取り組みやすそうだった。」

以上。

ああ、一つでも比較的得意な事が
あって良かった(涙)

私も実は黙々と作業をするのが
得意な方なので、理解できます。

将来の事を考える時に
参考になりますね。
工場勤務、職人、などなど。
コツコツ

ちなみに苦手な分野への対策も
沢山教えて頂きました。
支援する側の工夫、サポートツール
など。

もちろん特別支援学級の先生にも
結果をシェア。

得意を伸ばして、苦手を支援して
うちの子の困り事が減っていくと
いいな〜と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です